エイセスコミューン雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ACE COMBATの戦いを振り返る 三日目

<<   作成日時 : 2014/05/01 15:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

山と渓谷と空戦はサマになる、とこのミッションは教えてくれた。

ACE COMBAT 4  Mission 3 「北の目の破壊」

敵爆撃機による襲撃を未然に防いだISAFではあったものの、じり貧状態は改善されていない。理由は簡単で、大陸に足止めをくらった部隊が数多く、戦力が分散したままだからだ。とはいっても、敵方――エルジア軍の追撃は執拗かつ徹底しているので、放っておけばますます不利になるだけ。そこで、撤退する友軍を支援すべく、広域レーダー網の拠点となっているシェズナのレーダー基地を攻撃する、というのが本ミッション。

このステージは、まず最初に広がる雪山の稜線に目を奪われることになる。スピード感を味わいたい人なら、間違いなく低空や崖ギリギリまで近寄って飛んでいくことになるだろう。さらにこのステージでは敵戦闘機部隊が比較的多く登場するため、ドッグファイトを楽しみたいエースにも美味しいかもしれない。ミサイルでボカーンと葬るのは簡単でいいけれども、後々の「彼ら」との戦闘に向けて、敢えてガンアタック縛りでの撃墜を徹底して飛んでみる。

レーダー基地は2か所に分散しているので、どちらか攻めやすい方から叩けばOK。山岳の上に並ぶレーダードームが攻撃目標。対空砲の攻撃にさえ気をつけていれば全然脅威ではないので、機銃攻撃で穴だらけにしてやるも良し、爆弾で吹っ飛ばすのも良し。ただ、高度に気を付けないと、安定性の良くない機体だと立て直す前に失速して頭から突き刺さるとか、旋回した先が岸壁で敢え無く花火と散るとかになるので、念のため注意はしておいた方が良いんだな、これが。後は速度出し過ぎで引き上げられずに突っ込むとか。いやぁ、昔はよくやったなぁ、ホントに(笑)。

敵戦闘機の動きも段々良くなってきて、2機を相手にしているともう一方は後方に回り込んできたりするからまた良い。耳障りな警告音が聞こえてきたら、低空へダイブ。山岳地帯の地形を上手く活用して旋回して振り切り、再び高度を上げて敵の後背を撮って追いかけ回すのも楽しいのである。敵機もただ逃げるだけでなく、旋回やループを織り交ぜながら飛んでいるので、その鼻先を押さえるようにこちらも飛んでガンアタックを叩きこむと「キュキュキュキュキュ」という命中音が聞こえてきて、チポーンと敵機が吹っ飛べば成功。とはいえ、ガンレンジに敵機を捉えながらの旋回やループは、改めて集中してやってみると結構いい練習になると実感した。

このミッションでのネームド機はF-16C。あまり動きが良くないので、簡単に撃墜出来てしまうところは少し物足らない。ま、そういう楽しみは「彼ら」との戦いまで取っておくとして、敵レーダー基地を完全破壊することでミッションクリア。Sランクを目指したければ、敵戦闘機や地上施設を漏らさず葬っておけば良いようだ。ただ、これでクリアでは無く、帰還ラインへの到達と着陸ミッションが待ち受けていたりする。

着陸ミッション、多分慣れていないエースには鬼門かもしれない。手っ取り早く下りるなら、特に速度は上げずに維持したまま、少しずつ高度を下げてアプローチしていけばOK。高度が30フィートくらいまで来たら、減速しながら少し機首を上げてやると、後でリプレイで見た時に「それっぽい」着陸が出来るはず。個人的にはこの着陸のリプレイは結構好きなので毎回欠かさずやってしまうのだが、面倒な場合はスキップも可能ではある。

そろそろ練習ステージは終了で、段々と敵さんの動きや敵さんの兵器の性能が上がってくるタイミングである。ま、F-15Cで飛んでいるので当分大丈夫ではあるんだけどね、実際。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ACE COMBATの戦いを振り返る 三日目  エイセスコミューン雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる